ニキビ痕の凸凹はどうやったら消えるの?

ニキビ痕の凸凹はどうやったら消えるの?

ニキビ痕 の凸凹はどうやったら消えるの?

 

 

ニキビ跡で一番やっかいなのは凹凸、クレーターのニキビ跡です。今回はどんなニキビがクレーターになってしまうのか、どうしてクレーターになってしまうのか等々詳しく説明していきます。クレーターができてしまって泣きたい人も、ニキビが治らなくて泣きたい人も必見です。

 

 

 

■どんなニキビがクレーターになるの?
膿が貯まった状態のニキビはそのクレーターになる危険性がとても高いです。毛穴が炎症を起こしている状態です。皮膚の内部が相当なダメージを受けており、ニキビを治すことも難しいですが、ニキビが治った後でも陥没したお肌の状態のまま皮膚が再生してしまいます。これがクレーターとなります。特に黄色いニキビ、紫色のニキビは要注意です。また個人的な体験に基づきますが、私はあまりにもお肌が荒れていた時、とにかくイライラして、ニキビをつぶしまくっていました。ダメだとわかっていても、ニキビを潰して膿を出してしまうのです。指でぎゅうぎゅうと押して膿を出していました。もちろん膿は出てきましたが、血も出て顔は悲惨な状態になりました。そしてもちろんそれがクレーターとなって数年が経った今でも私の顔の上に居座っています。 

 

凸凹

 

 

 

■自分で治せるの?
クレーターになってしまった場合は、自分ではなかなか治すことは難しいと思います。もちろん年齢にもよりますし、若ければ若い程治りは早いですが、一度出来たクレーターはなかなか消えませんので、一度皮膚科の先生や美容クリニックの先生と相談してみた方がよいでしょう。クレーターや肌に質によっては、お薬や基礎化粧品を改善することで目立たなくすることはできるかもしれません。
 皮膚科やクリニックで治療する場合は、レーザー治療やピーリングが一般的です。ただしこれらのことは一度では効き目がなく数回にわたり、皮膚科に通う必要があります。クレーターが深刻な場合は数十回と治療を受ける必要があるかもしれません。これらの治療には残念ながら保険が効きません。どうしても治したい!という強い意志とある程度のお金の余裕がなければ途中で挫折してしまう可能性は高いです。しかしながら5回ほどレーザー治療を行うことができれば、治療を行う前に比べれば一目瞭然で結果がわかります。
 私はこのレーザー治療でだいぶ救われましたので、レーザー治療を後悔していませんが、レーザー治療をしたからと言って、ニキビができなくなったわけではなく、肌荒れを繰り返してしまった場合はせっかくかけたお金が水の泡になってしまいます。 

 

ニキビ痕の凸凹はどうやったら消えるの?

 

 

 

■肌のターンオーバーを促進する
即効性はありませんが、地道に化粧水やビタミン剤で治していくというのも一つの方法です。特にクレーターには「肌のターンオーバー」を促すことが大事だとされています。肌の再生力を高め、再生を繰り返す。するとクレーター部分が薄くなっていくイメージです。もちろんこれはレーザー治療のように即効性はありませんので、根気よく続けていく必要があります。基礎化粧品によって効果がまったく異なりますので、自分が使っている化粧水がどんな作用を持っているのかきちんと調べてから使うようにしてください。ただみんながいいと言っているから・・・という理由ではなかなかクレーターには効いてくれません。自分の肌状況にあった化粧水選びをしましょう。 

 

ニキビ痕の凸凹はどうやったら消えるの?

 

 

 

■最後に
いかがでしたか?
クレーターは一度出来てしまうと、消すためには長い闘いを強いられます。ニキビに苦しんだ後にニキビ跡に苦しまないといけないというのはなんだかフェアではない気がしますよね。赤みのあるニキビ跡であれば、比較的簡単に消えるものですので、あきらめずにきちんとケアを行ってください。

 

 

 

ニキビ痕を薄くしたい人へ!タイプ別の対処法

 

 

 

 

ニキビ痕専用導入型化粧水 Reproskin(リプロスキン)

 

 

 

 

こちらのサイトもよかったら見てみて下さいね。

 

【暴露!】瞬間小顔矯正のレビュー!評判・口コミ