ニキビ跡の色素沈着を防ぐにはどうしたらいいの?

ニキビ跡の色素沈着を防ぐにはどうしたらいいの?

ニキビ跡の色素沈着を防ぐにはどうしたらいいの?

 

 

ニキビ痕は放っておくと色素沈着になってしまうことをご存知でしたか?ニキビが治っても安心できない理由はここにあります。ニキビが治った直後、まだまだ赤くなっているのを放置していると気が付いた時にはすでに茶色くなってなかなか自然と消えない色素沈着になっていることも!本日はそんなニキビの色素沈着を防ぎたい方必見です。 

 

 

 

■ニキビが治った直後からスキンケアで色素沈着を防ぐ 
そこまでひどくないニキビの場合は、特にニキビ痕にならずに自然と消えていってくれるもの。しかしながら、ニキビの炎症がひどかった場合はその炎症が治まったとしてもお肌がとても傷ついた状態なので、お肌に赤みが残ったままの状態になってしまいます。
この赤いニキビ痕は非常に目立ってしまいますが、実はニキビ痕の中でも一番簡単に消えてくれます。赤いニキビ痕を放っておくと、日焼けしたりするうちに茶色くなってしまうことがあります。それが色素沈着型のニキビ痕でこの状態になってしまうとなかなか自分の力では治ってくれませんので、特別なケアが必要となります。

 

では具体的にはどのようにすれば、ニキビの色素沈着は防がれるのでしょうか?  

 

 

 

■ターンオーバーの促進とホワイトニング効果のある化粧水でスキンケア
まず、日ごろ行っているスキンケアを見直してみましょう。

 

今、化粧水や美容液はどんな効果を謳ったものを使っていますか?まだまだ赤みの残るニキビ痕であれば、色素が沈着する前にお肌のターンオーバーを正常に戻してくれるタイプのものを使い、傷ついたお肌の状態を改善してくことで赤みは引いています。

 

お肌のターンオーバーが乱れていると、古い角質が残ったままとなり、傷ついたお肌の状態が改善されません。正常なサイクルでお肌の角質を新しい角質を生まれ変わらせ、傷ついたお肌を一掃していきます。

 

赤みが引いたと思ったら、後は徹底してホワイトニング効果のある化粧水や美容液を使ってください。ホワイトニングはお肌を白くするだけではなく、色素沈着してしまった部分の色を白くしてくれる効果がありますので、色素沈着に最も効果があります。

 

オススメはこちら。

 

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水リプロスキン
リプロスキン公式通販サイト

 

 

 

 

■体の中から色素沈着を防ぐ 
スキンケアは体の外から色素沈着を防ぐために働きかけるもの。次は、体の中からも色素沈着を防ぐ努力をしましょう。それはもちろん食事で色素沈着を防ぎます。

 

シミや色素沈着を防ぐために効果的だと言われているのは、ビタミンAです。ビタミンAはメラニンの活性化を防止してくれますので、まさに色素沈着防止の強い味方!

 

ではビタミンAとはどのような食べ物に含まれているのでしょうか?
緑黄色野菜、牛乳、卵黄、レバーなどがそれにあたります。熱に弱いビタミンCとは違い、熱を通してもその成分は変わりませんので、料理が好きな人はいろいろ工夫ができますね。

 

そのビタミンCですが、ビタミンCは色素沈着を防ぐ役割ではなく、できてしまった色素沈着を薄くする効果があります。どんな食べ物にビタミンCが入っているかと言えば簡単ですね。オレンジやレモンなどの柑橘系フルーツ、それからレンコン、キャベツなどに含まれます。
ただし、ビタミンCは熱に弱く、熱を通してしまうとその効能が失われてしまいますので、サラダなどで頂くのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■最後に
最後に一番大事なことを。
いくらきちんとスキンケアをしても、食べ物を注意していても、紫外線を大量に浴びてしまえば努力がすべて水の泡です。外に出るときはきちんと日焼け止めを塗り、極力日焼けをしないようにましょう。小麦色の肌の女性はとても素敵ですが、シミになりがちなのでご注意を!

 

 

 

ニキビ痕の改善方法!今すぐできる改善法とは?

 

 

 

 

ニキビ痕専用導入型化粧水 Reproskin(リプロスキン)