必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

 

 

ニキビやニキビ跡で顔の印象は変わってしまいます。出来ればニキビフリー、ニキビ跡フリーの顔で楽しく幸せに生きていきたいものですが、どうしても人生には肌荒れは付き物!ニキビ跡は地道なスキンケアで消えていってくれるものですが、即席でニキビ跡を消す方法をお伝えします。鏡を見る度にニキビ跡で泣いてきた女性には必見です。 

 

 

 

■きちんとした保湿を
ニキビやニキビ跡は一日できれいに消し去れるものではありません。次の日大事なデートや式典がある場合は、化粧で隠すこともあるかもしれません。まずは化粧の前の段階からの下準備が大切です。化粧の前の保湿。メイクのノリはこのプロセスにかかっています。保湿をきちんとしてさえいれば、メイクは成功すると言っても過言ではありません。化粧前の保湿のポイントは、化粧水です。保湿が大事と言っても、クリームを塗りたくってしまうと、化粧崩れを招いてしまうからです。化粧水をたっぷりと含ませたコットンか市販のフェイスマスクを使って、しっかりとお肌に化粧水をなじませましょう。潤ったお肌はあなたをいつもより美しく見せてくれるはずです。潤っていない乾燥したお肌でコンシーラーを乗せても、ニキビ跡はなかなかきれいに消えてくれません。どういうわけか、ニキビ跡が浮き上がってみえるようなことも!一度実験をしてみたらおもしろいかもしれませんよね。

 

必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

 

 

 

■コンシーラーでニキビ跡を消す
きちんと保湿をしてお化粧する準備が整ったら、いざニキビ跡を消します。コンシーラーを使えば即席でニキビ跡が消えてしまいます。もちろん完全に消してしまうことは不可能ですし、ニキビ跡のタイプにもよりますが赤みの取れた凸凹のないニキビ跡であれば、化粧で隠すことはそこまで難しいことではないでしょう。
カバー力の高いファンデーションでニキビ跡を消そうとすると、厚塗りになってしまう可能性が高いので、ブラシや綿棒などを使ってニキビ跡にピンポイントでコンシーラーを置いていきます。その後指でお肌になじませればニキビ跡は目立たなくなります。その上でファンデーションを顔全体に薄く塗るとかなり自然な仕上がりになります。
 ほっぺた付近にニキビ跡がある場合は、まずチークを入れてからそのうえからコンシーラーをピンポイントで起き、指でポンポンとお肌になじませるときちんとニキビ跡をカバーしたままチークにも馴染んでくれます。

 

必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

 

 

 

■厚塗りは毛穴のつまり→ニキビの原因に
ニキビ跡はとても恥ずかしく、隠したい!という気持ちが大きいですよね。もちろんニキビができている時も同じことです。私もニキビが顔中にできている時、恥ずかしくて大きくて赤いニキビをコンシーラーで必死に隠していました。赤みはほんの少し隠せたものの、凸凹を隠すことが出来るはずもなく、ニキビを本当に治したいと思っていた割にお肌に悪いことをしていたのも事実です。ニキビができているとき、化粧をしなければならない事情はあるでしょう。ただし、家に帰ってきたらすぐに化粧を落としましょう。厚塗りは毛穴を詰まらせ、さらなるニキビの原因、そして引いてはニキビ跡の原因になってしまいます。ニキビ跡は決して消せないものではないですが、ニキビを適切に治療することでニキビ跡にはならないようにすることも大事なことです。

 

必見!ニキビ痕をスッキリ消すには?

 

 

 

■最後に
いかがでしたか?
今回は即席でニキビ跡を消す方法をご紹介しましたが、やはり基本的にはビタミン誘導、お肌のターンオーバーを促進する化粧水やレーザーなどでニキビ跡を消すことの方が優先です。どうしてもニキビ跡を消したい!という時以外は毛穴の詰まりの原因ともなりますので、なるべく厚化粧にならないよう、お肌を労わってあげたいものですよね。

 

 

 

ニキビ痕の改善方法!今すぐできる改善法とは?