誰でもできる!ニキビ痕の色素沈着を早く治すコツとは?

誰でもできる!ニキビ痕の色素沈着を早く治すコツとは?

誰でもできる!ニキビ痕の色素沈着を早く治すコツとは?

 

 

ニキビが出来ている間は何をしていても気が晴れませんよね。しかしニキビは出来ても数日。その間我慢すれば後は晴れて元通り・・・!というわけにもいかないこともあります。ニキビがニキビ跡になってしまった場合はとても厄介ですね。
ニキビ跡の色素沈着を早く治すには一体どのようにすれば良いのでしょうか。

 

 

 

■基礎化粧品で治す
まずは、いつも使っている基礎化粧品を見直してみましょう。今どのような基礎化粧品を使っていますか?

 

今までニキビに悩まされていた人であれば、ニキビを治すことに特化した基礎化粧品を使っていたでしょう。もしくは、基礎化粧品なんてどれも同じ!と思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 しかし、基礎化粧品はお肌を健康に保つ上でとても大切です。 また、ニキビが出来ているときの基礎化粧品とニキビ跡の色素沈着に効く基礎化粧品は成分がまったく違います。 

 

ニキビ跡にも、赤みのニキビ跡、色素沈着型のニキビ跡、それからクレータータイプのニキビ跡など数種類ありますが、色素沈着型のニキビ跡であれば、ホワイトニング効果があるものを選びます。ホワイトニングはお肌を白くする効果がある、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、色素沈着の場合はこのホワイトニング効果のある化粧水や美容液で地道に消していきます。

 

また、ビタミンC導入対などの美容液を使うことで、お肌のターンオーバーを正常化させ、シミを薄くすることも可能です。 

 

色素沈着やシミが一度できてしまうとなかなか簡単に消し去ることはできませんが、色素沈着には早く対応すればしただけ、早く薄くなるとされています。 

 

 

 

■食事・サプリで治す 
基礎化粧品でニキビの色素沈着を防ぐのは、外からの対処法ですが、それだけでは十分ではありません。やはり体の中から変えていくことが大事です。
特に、お肌は何を食べたかによって敏感に反応するもの。お肌に悪いものはなるべく接種を控えましょう。 

 

・ビタミンC
すでにできてしまった色素沈着を改善するのに効果的な食べ物はビタミンCです。イチゴや柑橘系の果物(オレンジ、みかん、レモンなど)、キャベツ、パプリカ、パセリ、芽キャベツなどに多く含まれます。

 

ここで注意してほしいのが、2点。
1点目は、ビタミンCは熱に弱いということ。火を通してしまうと、その効能が失われしまうため、なるべくであれば火を通さないサラダなどで接種するようにしましょう。 

 

2点目は、接種の頻度。一度に大量のビタミンCを接種しても、尿として流れてしまいますので、こまめに接種するように心がけてください。せっかくなら、効果的に接種したいですよね。

 

・ビタミンA
色素沈着を予防するのに効果があるのは、ビタミンA。緑黄色野菜やレバー、牛乳、卵黄などに含まれています。一度色素沈着が起こってしまうと、治すのには時間も手間もかかってしまいますので、恒常的な予防が大事ですね!

 

食事からビタミンを接種するのが難しいという方には、サプリをお勧めします。きちんと計算されて開発されていますので、効果的に接種できるはずです。

 

 

 

■皮膚科で治す
本来であれば、基礎化粧品、食事療法と平行して行うのが一番良いですが、皮膚科や美容クリニックへご相談を。
 金銭的に余裕がある方は、フォトフェイシャルやレーザー治療をお勧めします。一回ではなかなか効果は出ませんが、3回以上続けていると効果はすぐにわかるはずです。即効性があるので、今すぐに色素沈着をどうにかしたい!という方にはお勧めです。 

 

 しかしながら、注意して頂きたいのが、レーザー治療などは永久的に効果があるわけではないということ。日々の努力を怠っていると、色素沈着やシミはどんどん増えていきますので、日々のスキンケアや食事は常に十分な注意を払いたいですね。

 

 

 

ニキビ痕にはリプロスキンが効果的!