ニキビ跡の改善には保湿ケア!正しいやり方を教えます

ニキビ跡の改善には保湿ケア!正しいやり方を教えます

ニキビ跡の改善には保湿ケア!正しいやり方を教えます

 

 

いやーなニキビ。ニキビは皮膚からの過剰な皮脂分泌によって引き起こされる肌トラブルです。皮脂や汚れが毛穴に詰まり、それが角栓となって肌が隆起している状態のことです。
詰まった角栓が毛穴の中で炎症を起こしてしまうことで、ニキビが悪化して赤みを帯びたり、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。これが繰り返し起こることでなかなか治らないニキビ跡になってしまいます。
ニキビは作らない!悪化させない!繰り返さない!の3つが大事なのです。

 

 

 

保湿ケアが大事
肌を保湿ケアしてあげることで、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が活発化され、ニキビ跡が改善されていきます。
約28日間という女性の生理周期と同じくらいの感覚でターンオーバーがやってきます。
ニキビができやすい肌質って皮脂が出ていてベタベタしていたり、脂性肌のイメージがないですか?実は、乾燥肌からニキビが出来やすいのです。
学生時代の思春期ニキビは、汗や脂性分、洗い残しなどが原因ですが、大人ニキビは乾燥からくるターンオーバーの乱れや、生活主観の乱れによりホルモンバランスが崩れてしまったことが原因で起こります。
乾燥肌になってしまうと、毛穴が開きにくい状態になってしまって、毛穴にたまった汚れや皮脂が出にくくなり、毛穴の中でそのまま炎症、アクネ菌が増殖しニキビが悪化してしまいます。
また、肌のバリア機能も低下し、肌自体が硬く、ドンドン毛穴に蓋をされてしまっていきます。乾燥で毛穴が詰まってしまうことで、ニキビが増える原因になってしまいます
乾燥によるニキビ予防のため、保湿ケアが大事になってくるというわけです。

 

 

 

保湿ケアのポイント
洗顔…肌に良い保湿ケアをするためには、正しい洗顔が大事です。毛穴の汚れをすっきりさせ、保湿ケアをするようにしましょう。
強くゴシゴシこすらず、しっかり泡立てて泡で顔をなでるように洗います。
洗顔前は一度手を洗い清潔にして洗うようにしましょう。

 

保湿化粧水…ニキビに効果的な化粧水は、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水をオススメします。過剰な皮脂を抑制し、炎症を抑えてくれる抗菌効果があり、特に誘導体は肌への浸透率が高いです。
また、肌トラブルを防止するため、オイルフリーやアルコールフリーのお肌に優しいタイプを選びましょう。
コットンは刺激があるため、敏感になった肌に対しては、コットンを使わずにハンドプレスでしっかり押さえるように浸透させましょう。

 

 

 

食生活で保湿ケア
お肌を外側からケアするだけでなく食生活で内側から保湿ケアすることも大事です。
お肌の保湿に効果的な栄養は、セラミドです。スキンケアコスメにも配合されていますね。
お米や大豆に多く含まれています。ほうれん草やヨーグルトにも含まれているのでオススメです。
特に大豆には女性ホルモンに近い成分のイソフラボンが含まれていますので、美容効果も高く、ホルモンバランスを整えてくれるのでお肌にも効果的です。
これらの食べ物は、美肌効果だけでなく便秘を改善してくれ代謝活性化にも効果があります。
動物性脂肪や添加物、糖質の高いものは皮脂が毛穴から過剰分泌しやすくなるため、ニキビ悪化の原因になり、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
このような食べ物の摂りすぎには注意しましょう。
また、ビタミンAやビタミンEの摂取も美肌効果が高いので、食生活に取り入れましょう。どうしても規則正しい食生活ができない方は、サプリメントからも摂ることができます。
スキンケアコスメで保湿をしながら、食生活に少しずつでも取り入れることで、外側からも内側からも保湿ケアすることができ、ニキビ跡や肌トラブルのないもちもち美肌に近づくことができますよ。

 

 

 

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水リプロスキン公式通販サイト
リプロスキン購入はこちら