肌荒れを防いでニキビ痕を治す!気をつけるべき注意点とは?

肌荒れを防いでニキビ痕を治す!気をつけるべき注意点とは?

肌荒れを防いでニキビ痕を治す!気をつけるべき注意点とは?

 

 

女子にとって(男子もですが)肌荒れ程、落ち込むことはありませんよね。肌荒れ、ニキビ、ニキビ痕、すべて女性の敵ですよね。肌荒れやニキビを防ぎながら、ニキビ痕を治すにはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

■ニキビ痕を治す前にまずは肌荒れ・ニキビを防ぐ
いくらニキビ痕を治療して消そうとしても、次から次へとニキビができてしまえば、ニキビ痕をいくら消しても意味がありません。治療にお金をかけた場合は、そのお金は無駄になってしまいます。 ニキビ痕だけを治すのではなく、肌荒れやニキビができないようなお肌作りをする必要があります。肌荒れを防ぐにはどのようなことをすればいいのでしょうか?

 

 

・化粧をしたままで寝ない
これは基本中の基本ですが、お化粧はきちんと落としてから寝ましょう。日々の仕事で疲れて帰宅した瞬間に寝てしまう、飲み会の後は化粧を落とさずに寝てしまう、などなどいくらお肌に気をつけていてもありがちなことです。一晩化粧を落とさないで寝てしまうとお肌は相当なダメージを受けてしまいます。お疲れなのはわかりますが、必ず化粧は落としてから眠るようにしましょう。 

 

 

・きちんと洗顔をする
間違った洗顔方法でニキビの原因になってしまう方もたくさんいらっしゃいます。洗顔はきちんと泡立ててから行うこと。これはニキビ対策では必ず言われることですが、なかなかできない場合も多いですよね。十分に泡だっていない場合は、手の摩擦でお肌を傷つけてしまうこともあります。泡で包み込むように顔を洗いましょう。泡立たない場合は、洗顔ネットなどを使うとよいでしょう。 

 

おすすめの洗顔料はこちら

 

定期コースで【初回半額】どろあわわ
どろあわわ

 

 

・食生活の改善
肌荒れに食生活の改善は効果があります。不規則な食生活、偏った食事、外食ばかりしているとお肌はみるみるうちに荒れていきます。ニキビ痕もなかなか改善されません。ニキビ痕の改善にはお肌のターンオーバーを促進すると良いと言われていますが、化粧水や美容液を使うこと、それから食事でお肌のターンオーバーを促すと良いとされています。ビタミンやたんぱく質、亜鉛などを多く摂ることを心がけると肌荒れも防ぎ、ニキビ痕も改善していくでしょう。 

 

 

 

 

・睡眠をきちんととる
きちんとした食事に質のよい睡眠。つまり生活習慣を規則正しく行うことが肌荒れやニキビ痕の改善につながっていきます。先ほど、ニキビ痕はお肌のターンオーバーを促進することが重要と書きましたが、お肌が再生されるのは主に睡眠中と言われています。特に午後10時から午前2時はお肌のゴールデンタイムと呼ばれており、その時間に睡眠を取ると肌荒れ防止になると言われています。再生能力が活発な午前2時前、少なくとも午前1時までに就寝するように心がけましょう。

 

 

 

 

・ストレスをためない
ストレスも美肌の敵です。しかしながら、仕事をしているとストレスを避けては生きて行けないですよね。とは言っても、ストレスが重度の場合は、労働環境を見直したり、転職などを考えてみてもよいかもしれませんね。肌荒れだけであればまだよいですが、重度の病気にかかってしまってからでは遅いです。また、自分がストレスに気が付いていない時でも、肌荒れなどによって体は赤信号を出しています。お肌が荒れてきたなと思ったら、自分の体や心と向き合うように心がけましょう。 

 

 

 

 

肌荒れを防いでニキビ痕を治す!気をつけるべき注意点とは?

 

 

 

■最後に
いかがでしたか?
どれも基本的なことばかりですが、肌荒れを防ぎニキビ痕を治すにはどれも欠かせないことです。高額な治療費を払ってレーザー治療などで効果を出すのももちろん一つの方法ですが、もう一度自分の生活や心と向かい合って、そもそも何が原因なのかということを考える機会になるのではないでしょうか。ニキビを繰り返してもう泣かずに済むように。

 

 

 

肌に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

 

 

 

 

P.S.

 

こちらの美容液も肌荒れ、ニキビ対策にはおすすめですよ。

 

美容液ラピエルの評判や口コミ、通販での購入方法は?