肌に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

肌に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

肌 に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

 

 

ニキビ跡が赤く残ってしまったらとてもいやですよね。でも、その赤みのニキビ痕は、色素沈着型ニキビ痕やクレーター型のニキビ痕と違って比較的消えやすいということをしっていましたか?今日は赤みのニキビ痕についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

■赤みのニキビ痕の原因は?
赤みのニキビ痕は、ニキビができている時も赤く炎症していたのではないでしょうか?赤いニキビは毛穴の炎症が原因で起こり、状態が悪くなると大きく腫れあがり、膿を持った状態になります。赤みのニキビのまま炎症がきちんと収まってくれればよいですが、たいていの場合はそれがそのままニキビ痕になります。赤ニキビが膿を持って場合、絶対に潰さないようにしましょう。潰し方が悪ければ、それが傷となり、クレーター状態となってしまい、ニキビ痕の中でも一番大きなお肌の損傷となってしまいます。クレーターができてしまうと、お肌の回復にはとても時間がかかってしまいます。また、赤ニキビは非常に目立つニキビのため、気になって触ってしまいがちです。これは基本中の基本のことですが、汚れた手でニキビを触ってしまうとそこから雑菌が入ってしまい、炎症がひどくなるばかりか、痕に残りがちです。特に赤いニキビはお肌の内側に大きなダメージを受けている状態です。つまり赤いニキビ痕もダメージから回復していない状態なので、赤くなってしまうというわけです。 

 

肌に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

 

 

 

■どのようなケアをすればいい?
赤いニキビ痕はとにかくお肌が傷ついている状態ですので、お肌を治癒することが大事です。具体的に言うと、お肌のターンオーバーを促進し、新しいお肌に生まれ変わることを手助けするということが鍵となります。

 

・化粧水や美容液でターンオーバー
毎日使っている化粧水や美容液を見直してみましょう。もしニキビができていた時と同じ基礎化粧品を使っているとしたら、一度基礎化粧品を見直してみましょう。ビタミンC誘導体などをニキビ痕にピンポイントに塗ることも効果があるとされています。
 またスキンケアで注意しなくてはいけないのが、保湿をきちんと行うことです。ニキビが顔にできていた頃は収れん作用のある化粧水などでよかったのですが、これではお肌は乾燥してしまいます。お肌が乾燥してしまうと、毛穴は必要な水分を油分で補おうとします。その結果皮脂がつまってニキビの原因となってしまいます。ニキビ痕を消すこともとても大切ですが、新たなニキビができてしまっては意味がありません。ニキビ痕を消すことは、新たなニキビを作らない、ということでもあります。

 

おすすめ化粧水はこちら

 

Reproskin(リプロスキン)
Reproskin(リプロスキン)

 

 

・レーザー治療もあります
顔全体にひどく赤いニキビ痕がある場合は、皮膚科や美容クリニックに相談してみましょう。ピーリングやフォトフェイシャルで赤いニキビは比較的簡単に目立たなくすることが出来ます。ただし、一度では効果がありませんので数回通う必要がありますので、金銭的に余裕がある人向けと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

■日焼けに注意
赤いニキビ痕ができた場合、気を付けて欲しいのが「日焼け」です。赤いニキビ痕を日にさらしてしまうとメラニンがお肌で生成され、ニキビ痕が茶色いシミになってしまうこともあります。赤ニキビ痕と違い、一度色素沈着になってしまうと治療するのに時間がかかってしまいますので、赤いニキビ痕の時にきちんとケアをしてニキビ痕を撲滅しましょう。
日々の日焼け止めは欠かさないこと、万が一日差しを大量に浴びてしまった場合は必ずホワイトニングを行うように心がけてください。ホワイトニングはシミや色素沈着に効果があると言われています。 

 

肌に赤みのあるニキビ痕は治せるの?

 

 

 

いかがでしたか?
赤いニキビ痕は消えやすいということはニキビ痕で悩まされている人にとっては朗報ですよね!きちんとしたスキンケアでニキビ痕を消しましょう!

 

 

 

なお、男性のニキビにはこちらの美容液がおすすめですよ。

 

効果あり?スクリーノの口コミ・評判・通販での購入方法