ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

 

 

ニキビって一度できてしまうととても厄介なものですよね。治るにも時間がかかりますが、ニキビ痕になってしまったらさらに大変です。本日はニキビ跡をきれいに消すための情報をお届けしますので、是非ご参考になさってくださいね。

 

 

 

■ニキビ痕のタイプ

 

ニキビにも様々なタイプがあります。赤い炎症型ニキビ、ポツポツニキビ、膿を持ったニキビ、紫色に腫れあがったニキビ。そのニキビの種類によって、ニキビ痕も変わります。大まかに言うと、ニキビ痕は3種類に分けられます。赤いニキビ痕、茶色い色素沈着型ニキビ痕、それからクレーター型ニキビ痕です。
 赤いニキビ痕は、赤く腫れあがったニキビがそのまま沈静化してニキビ痕になったタイプのものです。茶色い色素沈着型ニキビ痕は、その名の通り赤いニキビ痕の炎症が引いて色素沈着になってしまったニキビ痕、それからクレーター型のニキビ痕はニキビを潰してしまった場合などにできてしまうニキビ痕タイプです。 
 次はニキビ痕ごとのケアを見ていきましょう。 

 

 

 

■ニキビ痕タイプ別ケア 

 

・赤みニキビ痕
まずは赤みのあるニキビ痕のケアです。実はこのタイプが早期にケアをすれば、一番消しやすいニキビ痕タイプなのです。赤みタイプのニキビ痕は、言ってしまえば“傷痕”です。一番効果的な赤みニキビ痕ケアはお肌のターンオーバーを促進し、お肌を再生させることです。つまりお肌が再生するサイクルをきちんと整えてあげることで傷痕を少しずつ回復させ、徐々にニキビ痕を消していきます。
では具体的にお肌のターンオーバーはどのように促進されるかと言うと、まずは化粧水や美容液で直接お肌につけることでキレイなお肌の状態に戻していきます。
 また、食事ではタンパク質、ビタミンA、C、亜鉛を多く摂るように心がけましょう。睡眠中にお肌は再生されると言われていますので、午後10から午前1時までには就寝するようにし、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

 

 

・茶色い色素沈着型ニキビ痕
こちらは赤いニキビ痕が時間を経て茶色くなったもの。いわいるシミのようになったもののことです。この場合ももちろんお肌のターンオーバーを整えてあげる必要がありますが、色素沈着にはホワイトニング効果のある化粧水や美容液を使ってあげましょう。ホワイトニングはお肌を白くする効果だけではなく、シミやニキビ痕にも効果があると言われています。一度ニキビ痕が茶色く色素沈着し、その後シミになってしまうとシミはなかなか消えてくれませんので、ニキビ痕が茶色く変色してしまった場合は早期に対処してシミを防ぐようにしましょう。 

 

ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

 

 

・クレーター型のニキビ痕
クレーター型のニキビ痕ができてしまった場合は根気よく改善していく必要があります。あまりにひどい場合は皮膚科や美容クリニックで相談した方が良い場合もあります。治療法としては、お肌のターンオーバーを促進するピーリングや、フォトフェイシャルなどのレーザー治療が一般的です。 
 ご自宅でニキビ痕を治したいという方には、上記二つのニキビ痕と同じくお肌のターンオーバーを促進することで新しいお肌を作り、クレーター状態になってしまった凹凸を消していきましょう。

 

ニキビ痕を誰でも簡単にきれいに消すには?

 

 

■最後に
いかがでしたか?
赤いニキビ痕は対処をきちんとしてあげればきれいに消えてくれる可能性が高いニキビ痕です。ただし、これが日々の生活の中で日差しを浴びてしまうと、メラニンが生成され、シミの原因となってしまいます。ニキビ痕と違い、シミはなかなか自然には消えてくれず、年を重ねるごとに徐々に濃くなっていく傾向があります。若いうちはシミに対して無頓着ですが、年を重ねるごとにシミはひどくなりますので、若いうちからきちんとケアをしておくことが重要です。

 

 

 

ニキビ痕の赤みをスッキリ消す方法!

 

 

 

 

ニキビ痕専用導入型化粧水 Reproskin(リプロスキン)