おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

ニキビは一つの原因でできるものではありませんし、一つの方法で改善できるものでもありません。今回はニキビの原因となる食生活や、ニキビ跡、ニキビに効く食事、食べ物を詳しくご紹介したいと思います。ニキビに悩まされている方は必見です!

 

 

 

■食事でニキビ跡を改善する
ニキビのみならず、ニキビ跡が残っちゃった!ニキビ跡に効くと噂のクリームを塗って見ているけれど、効果があまり感じられない・・・。そんな経験をしたことある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?化粧品にばかり気を取られて、食事に関してはまったく気をつけていない方もいらっしゃるかもしれません。
・ビタミンA、C、Eを効果的に接種する 
ビタミンCはよく聞くけれど、ビタミンAとC???と首を傾げられる方もいらっしゃるかもしれません。ビタミンAはレバー、ニンジン、ホウレンソウ、海苔などに多く含まれているビタミンで、皮膚や粘膜の潤いを高める働きをしています。また、レバーやホウレンソウには鉄分が多く含まれていますので、貧血ぎみの人は貧血予防としても効果を発揮します。鉄分不足は老化を早めるとも言われていますので、できるだけ接種するように心がけましょう。 

 

 

・ビタミンC
これはニキビや肌荒れの時によく聞くビタミンですね。肌の抗酸化作用と保湿作用を高める役割をします。ニキビ跡に直接つけるタイプの人工的なビタミンC誘導体もニキビ跡には効果的なので、是非試してみてくださいね。ビタミンCが多く入っている食物は、ブロッコリー、レモン、赤ピーマン、イチゴなどがあります。朝起きてから一番最初に飲むお水にレモンを数摘垂らして飲む習慣をつけておくとよいでしょう。ビタミンCを接種することは風邪の予防にもなりますので、忙しい人は特に気をつけておいてください。

 

 

 

 

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

・ビタミンE
血流を促進してくれるので、新陳代謝を促進してくれます。大豆、ピーナッツ類に多く含まれています。新陳代謝が高まることで化粧水の浸透率が高まります。

 

 

 

 

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

・タンパク質
赤みのニキビ跡にはタンパク質を摂ることを心がけてください。肌のターンオーバーを促進する役割を持っています。また、タンパク質の吸収をよくするためにはビタミンCの摂取が良いとされています。お肉、お魚、卵やチーズ、大豆、豆乳、納豆などにタンパク質は多く含まれています。 

 

 

 

 

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

・亜鉛
ニキビ跡だけではなく、ニキビにも効く亜鉛。あまり聞かない単語かもしれませんが、亜鉛とはミネラルの一つで、亜鉛が不足するとイライラしやすくなったり、うつ病になる可能性まであると言います。また、亜鉛不足が起こす症状としては生理不順もあげられます。生理不順は女性にとって大きな問題となりますので、亜鉛もしっかり摂りましょう。主に、牡蠣、牛肉、レバー、卵黄に含まれています。 

 

 

 

 

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

・鉄分
さきほど少しお話しましたが、鉄分もお肌やニキビ跡にとっては重要な役割を果たします。鉄分が不足すると貧血になります。貧血で血の巡りが悪くなるとホルモンバランスを崩してしまいます。ホルモンバランスが崩れてしまうと、ニキビの大量発生ともなってしまいます。
つまり貧血を防ぐことはニキビ予防にもなります。また、鉄分にはニキビ跡やシミを撃退する効果もあります。女性にとってなくてはならない鉄分。鉄分が不足すると疲れがちになり、お肌の艶、それより生気がないように見えてしまい、一気に老け込んでしまう恐ろしさがありますので要注意です。
鉄分は、レバー、あさり、納豆などに多く含まれています。

 

 

 

 

おすすめ!ニキビ跡に効く食べ物とは?

 

 

 

■最後に
いかがでしたか。
以上がニキビ跡に効果のある食物です。ただし、一度に大量に摂取すると尿とともに流れていってしまって効率的ではありませんので、こまめに接種するよう心がけてください。 

 

 

 

ニキビ痕の色素沈着を撲滅する!

 

 

 

 

ニキビ痕専用導入型化粧水 Reproskin(リプロスキン)